【ReRotation】コロシアム(仮)使用構築

  • 初めに

 コロシアム(仮)で使用していた構築を紹介します。また、いずれの構築もポケモンのサザンガルドを意識しています。

 

目次

 

  • 使用構築

その1

f:id:Sough:20181014225342p:plain

 ただひたすら攻撃していくだけのデッキ。

 『古の王 アースガープ』は特性による固定ダメージ、『怪物 スキュレー』は特性によるHPの回復や「憤怒の鎧」による被ダメージの軽減、『雷神の化身 ジバトール』は特性や「燎原の腕輪」による高火力攻撃といった戦闘が有利になりやすい要素を持ったユニットを使って相手ユニットのHPを削り、『大天使 ミカエル』で相手を一掃する。

 CPUが使うとただの運ゲーになってしまうが、CPUでも比較的上手く使いこなせる。

その2

f:id:Sough:20181014231233p:plain

 ただの欠陥構築。

 初めに繰り出す3体のユニットにより、相手ユニットのHITランクを下げたり、封じ状態にして戦うことを流れとしていた。しかし、『蛮鬼 ラストデウス』や『雷神の化身 ジバトール』が砂嵐状態でないと使いずらいことや、封じ状態にするユニットが2体いたりと想定していた流れを作りずらかった。

その3

f:id:Sough:20181014232158p:plain

  その2を改造した構築。

 『呪いの人魚姫 ルル』や『炎帝 マンティコア』で相手を火傷状態や封じ状態にして戦う。火傷状態は封じ状態とは異なり自然回復されないので使い勝手が良かった。『指揮官 ヴァネッサ』は上記2体の補完要員で、『聖弓 ハサン』はフィニッシャー。

 『呪いの人魚姫 ルル』と『炎帝 マンティコア』の組み合わせは優秀だが、公式が意図して相性を良くしたのかもしれない。(ブルンゲルエンテイの組み合わせはポケモンのローテレートでよく見かけていたので)

  • 感想

 いずれの構築も択ゲー要素が高くCPU戦では使いにくい感じがした。対人戦が実装されたら改めて使用するかもしれない。

 下にこれらの構築のもとになった構築のリンクを貼っておきます。

sough-rotation.hatenablog.com