『大天使 ラファエル』 ユニット考察

  • 大天使 ラファエル(レアリティ5)

属性:     適性:聖+1      HP:19   SPD:8

特性:癒やしの祝福(スキルの回復量アップ[+2]

所持スキル光輝の剣(3)・キュアヒール願い事シールドバリア進軍の追い風

   抜群(4倍):なし

   抜群(2倍):

   ふつう:

   いまひとつ(1/2倍):

   効果なし(0倍):なし

  • 評価

 準専用スキル「光輝の剣」やレアなスキル「願い事」が使える良HP高SPDのサポート型ユニット。「願い事」と「進軍の追い風」による積エースのサポートが優秀であろう。「挑発」にとても弱いので注意。

 同属性のユニットに『青年騎士 リオール』と『聖女 クレセントマリア』がいるが、前者はアタッカーであり、後者はSPD5からの「時空反転」などのサポートとなるので差別化を意識する必要はない。

  • 所持スキルの詳細

 「光輝の剣」は威力2(適性込みで3)命中率100%の攻撃スキルで、相手の適性値とATKランクの合計分威力が上がる。

 「キュアヒール」はスキル使用ユニットの欠伸状態以外の状態異常*1を回復しつつ、HPを4回復する補助スキル。

 「願い事」は次のターンの終了時、先頭にいる味方にこのスキルを使用したユニットの最大HPの半分*2回復する補助スキル。

 「シールドバリア」は5ターンの間、相手からのスキルダメージを軽減するバリアを展開する補助スキル。

 「進軍の追い風」は4ターンの間、味方全体のSPDを2倍にする補助スキル。

  • スキルの組み合わせ例(あくまでも参考例です)

サポート型:光輝の剣×1~2・願い事×2・進軍の追い風×1~0

 

(所持スキルの項目にある()内の数字は適性込みのスキルの威力を表しています。)

*1:状態異常:猛毒・火傷・麻痺・眠り・欠伸の5つの状態のこと

*2:小数第一位四捨五入